一般社団法人 広島市薬剤師会
LOGO

National Health Insurance Drug List

薬価基準収載医薬品コード(National Health Insurance Drug List)は日本標準商品分類コードの薬効分類を利用する基本的な体系で構成される。
個別医薬品コード(YJコード)も薬価基準収載医薬品コードと同様に英数12桁で、銘柄別収載品目については薬価基準収載医薬品コードと同じ。
薬価基準収載医薬品コードは、薬価基準収載医薬品が対象で官報告示品目に限るので統一名収載品目(一般名で官報に収載されるもの)の一般名に対してひとつのコードしか付与されず、複数の商品が存在しても同じコード。

3122007F2039:25mgアリナミンF糖衣錠 で見てみると、
3
:上4桁は日本標準商品分類コードの87を除いた数字で薬効を表す。1桁目が大分類。3は代謝性医薬品
31
:上2桁で中分類。31はビタミン剤
312
:上3桁で薬効分類。312はビタミンB1剤
3122
:上4桁で薬効分類+細目。3122はビタミンB1誘導体製剤
007
:投与経路および、成分。成分なので上7桁でいわゆる一般名コード
F
:剤型(散剤:A~E、錠剤:F~L、カプセル:M~P、液剤:Q~S、他:T,X)
2
:規格番号(上記同一分類内における規格の区別)50mgは3。同規格のOD錠も別番号。
03
:銘柄番号(上記同一分類内における銘柄の区別)ビタファントは05。
9
:チェックデジット
ジェネリックかどうかの判断はできない。

例えば、プレドニゾロン「武田」5mgとプレドニン5mgでは銘柄が違うだけなので、9桁目まで同じになる。
YJコード → プレドニゾロン錠 5mg:2456001F1353、プレドニン錠5mg: 2456001F1310
薬価基準収載医薬品コード → 2456001F1019 日局一般名や統一名収載の場合は銘柄番号には01が付与される。

PAGE LIST

Copyright©Hiroshima City Pharmaceutical Association. All Rights Reserved.